空室対策(基本的な取り組み)
ホーム > 空室対策(基本的な取り組み)

空室対策(基本的な取り組み)

募集図面はきれいに詳しく、内覧したいと思わせる図面を作成します・・・お客様と部屋との最初の出会いは不動産業者から渡される募集図面です。まだ見たこともない部屋だからこそ図面からの印象は重要です。きれいな図面は部屋の印象もよく、逆に部屋がいくらきれいでも図面が汚いと部屋も汚いと誤った印象を与えてしまいます。また募集図面には出来るだけ詳しい情報を記載ほうが内覧意欲を高める効果があります。
古い物件こそ画像を活用します・・・まだ見たことのない部屋を「この部屋はいい部屋ですよ」と勧められてもお客様は実感が湧きません。そこで効果があるのが画像をたくさん掲載ことです。募集図面には出来る限り画像を掲載します。同時にレインズや賃貸のポータルサイトに掲載限度まで掲載します。画像の掲載は特に建築年月の古い物件に有効です。古くても室内や外観の画像を掲載することにより親近感が沸き内覧してみたいという気持ちにさせる効果があります。      
情報は広く公開します・・・情報は多くの人の目に触れたほうが内覧の確率が高くなります。そのためには自社で情報を独占せずに不動産業者のネットワークを活用し広く集客します。
すぐに内覧できるようにしておかなければ折角のチャンスを逃してしまいます・・・お客様は多忙で部屋探しに何日も掛ける余裕がありません。部屋を見たいと思ったその時に部屋が見れる状態になっていないと折角のチャンスを逃してしまいます。そのチャンスを逃さないために現地にキーボックスを設置いたします。いつでも直ぐに部屋を見れる状態にしておき、たくさんの人に見ていただくのが空室期間短縮の一歩です。
第一印象が大切、室内の状態は常に清潔に・・・暫く空室の状態が続くと害虫が発生する場合があります。特に夏場は発生しやすいので要注意です。また、排水トラップの水が乾燥して下水の臭いが上がってくる場合があります。時々水を流して水の乾燥を防ぎます。部屋は第一印象が大切、害虫や臭いを防ぎ常に好印象を与える室内を保つようにします。